Big up Graffitiとは?

国際通りやその周辺のアーケードの壁やシャッターには、

誰がどんな気持ちで描いたのか分からない作品が

”落書き”と呼ばれて残されています。

どれほどそこに熱い思いやフラストレーションがぶつけられていても、

行き来する人は目もくれないどころか、

街の治安を悪くするものだという認識を持たれてしまうのが現状。

 

そこで、持ち主に許可を取った壁やシャッターを

彩ってくれる若手アーティストを募集し、

目にする人たちが楽しんでくれるようにアートとして彩るのが

「Big up Graffiti」です。

 

“落書き”を”アート”に。

“アート”に”落書き”を。

 

素晴らしい若手アーティストによるウォールアートが街中を彩る未来を目指します。

SPOT

今回用意された壁は6スポット。

​国際通り周辺のアーケードからご用意。

 SPOT 1~4 

 SPOT 5~6 

国際通り裏アーケード内

​シャッター4枚

平和通り花笠食堂横

​ウォール(作品2枚分)

ARTIST

今回招待アーティストとして

​描いていただきます。

 KEITAHEIANZA 

1980年生まれ 沖縄県 那覇市出身
グラフィックデザイナーである父を幼少期より見て育ち、幼少期より絵を描を描いていた。
学生時代にTVで見たストリートアートに衝撃を受け、2002年頃からストリートアートの活動をはじめ、
沖縄県内の防波堤などに絵を描つつ、そこで築いたコネクションで幅広いジャンルのイベントでLIVEPAINTINGを行う。
2011年よりKEITAHEIANZAとしてイラストレーションをメインに活動。
アメリカンローブローアートやグラフィティーアートに強く影響されたスタイルのイラストレーションやデザインを得意とする。
また顧客の要望に合わせスニーカーや衣類へのペインティングを行う、カスタムペインティングサービスなども行なっている。

 平良刺繍店 

1986年生まれ沖縄県西原町出身。
幼少期から絵を描く事が好きで漫画家を目指すが、2006年にDENPA氏(沖縄県で活躍中のアーティスト)に出会いストリートアートの世界に入り込む。2010年にMANGEKYO mono WORKSと言うアート集団に所属し、更に活動の幅を広げる。2016年に平良刺繍店を設立し、現在はアパレルに落とし込む物作りに没頭。デザイン製作やウォールペイントを織り交ぜた特殊な自社にて、数多くのアーティスト達と日々創作活動を営む刺激的な日常に身を置く。

PROJECT

プロジェクト概要

沖縄県内で活躍するアーティスト1~2名、一般募集アーティスト2~4名で、運営事務局指定の壁やシャッターに作品を描いていただき、若手アーティスト応援企画といたします。その際は、顔と名前を出せるアーティストとします。
 

上記企画は、Okinawa E-Motion2020(2020/11/21~11/29、[https://www.okinawa-emotion.com/ ])とのコラボ企画として実施され、開催前の10/30~11/15に現場にて描いていただきます。

【スケジュール】

 一般募集期間:10/2(金)~10/22(木)。

 作品制作期間:10/30(金)~11/15(土) *制作過程はYouTubeおよびIGTVへ投稿いたします。

【参加条件】

①29歳以下であること。

②過去に描いた作品と今回描く予定のラフ案(手書きでも可)を提出できること。

③名前と顔を、当プロジェクトが関わる媒体及び作品の横に掲載可能なこと。

【依頼事項】

・「国際通り及び周辺アーケードを盛り上げる」作品をテーマとします。

・作品を描いている様子を撮影して、Okinawa E-MotionおよびBUGがプロモーションする媒体で配信いたします。

【参加特典】

・許可を取って作品を描ける壁やシャッターの提供。

・オフィシャルな媒体にて、アーティストのInstagramアカウントやプロフィールをご紹介。

・今回使用する2万円までの画材の提供

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。